リハビリ転職

【これから利用を検討している人必見!】退職代行サービスのメリット・デメリットを解説

退職代行サービスってどんなサービスなの?
メリットやデメリットが知りたい。

こんな悩みを解決します。

 

この記事はこんな人にオススメ

  • 退職代行サービスを利用してみたいけど不安に感じる
  • これから退職代行サービスを利用したいけど損をしたくない

 

 

下記の様な状況で退職に悩んでいませんか?

  • 仕事を辞めたいけど、上司に言いくるめられてしまってなかなか辞めさせてもらえない
  • 退職したいけど、上司が怖過ぎて言い出せない
  • 退職したいと言ったらパワハラや嫌がらせをされる様になった

こんな悩みを抱えながら我慢をして仕事をしているのであれば、うつ病などで壊れてしまう前に退職代行サービスを利用して退職することをオススメします。

退職代行サービスはまだ新しいサービスなので聞き慣れない人もいると思いますが、退職代行サービスは安全に利用出来るサービスです。

ただし、退職代行サービスの中には悪質な業者が運営しているものもあるので、利用にあたっては注意が必要です。

この記事を読む事で各退職代行サービスのメリットやデメリットがわかるだけでなく、今のあなたにとって本当に退職代行サービスが必要なのかどうかの見分け方も解説しています。

ぜひ、最後まで読んでみてください。

 

スポンサーリンク

退職代行サービスとは?

退職代行は本人に代わって弁護士や代行業者が会社に退職の意思を伝えるサービスです。

実は10年前から弁護士業務の一環としてすでにあったサービスですが、2018年から弁護士以外でもサービスが開始されました。

NHKや各民放(とくダネ、グッとラック!など)のテレビで放送されてから徐々に認知度が上がってきました。

>>価格.com-「退職代行サービス」に関する情報

 

スポンサーリンク

退職代行サービスは違法なサービスなの?

結論から言うと、違法ではありません。

基本的に「退職日の2週間前に告知をすれば自由に辞められる」と民法で定められています。告知した日から有給消化をすれば、即日退職しても違法ではありません。

弁護士事務所が運営する以外の退職代行サービス業者には弁護士がいない(弁護士監修となっており、直接は弁護士では無い人が対応する)ため、退職代行サービス業者の事業は主には『連絡代行』となっています。

個人の意思を代弁するのは違法ではないので安心してください。

会社との交渉や書類関連の代行を弁護士以外にやってもらうと違法行為にあたってしまう為、注意が必要です。

弁護士事務所の退職代行サービスでしたら、会社と退職代行サービス利用者の間に入っての交渉や各書類の代筆・代書などの退職に関する手続きはすべて行ってもらえます。

 

退職代行サービスの利用の流れ

退職代行サービスは下記の手順で進めていくこととなります。

  1. 退職代行サービスに相談
  2. 担当者と打ち合わせを行う
  3. サービス費用の振込
  4. 代行会社が会社へ連絡

各サービスによって異なる部分もあるので、利用するサービスのサイトをチェックしてみてください。

 

退職代行サービスを使うメリット

退職代行サービスのメリットを解説します。

メリット

  • 自分では言い出せない心理的ハードルが下がる
  • 会社を辞められないという状況を打開できる
  • 上司に一切顔を合わせずに退職できる

1つずつ深掘りします。

 

自分では言い出せない心理的ハードルが下がる

退職代行サービスを利用すれば、自分で退職を切り出す心理的ハードルがなくなります。多くの人は自分で退職を切り出し、会社とよくよく話し合って退職していきますが、それができない、難しいという人もいます。

そのような人は、退職したいけど切り出しづらいとズルズルと仕事を続けてしまうこともあるようです。

このような人にとっては、第三者に間に入ってもらい、会社に直接退職の意思を伝える必要がないというだけでも助かりますね。

 

会社を辞められないという状況を打開できる

辞めたくても辞められない。会社を辞めたいといったら脅されたという労働者もいます。

どのような理由で辞められないのかは人それではありますが、辞めて新しい人生を見つけるきっかけにはなるでしょう。

 

上司に一切顔を合わせずに退職できる

意外と多いのが『上司の顔も見たくない』『辞めると伝えるのも億劫』というケース。

退職代行を利用すれば、あなたに2週間以上分の有給休暇が残っていて、会社が退職までに消化することを認めてくれた場合は、顔を合わせることなく退職できることもあります。

早ければ即日から上司との接触を断つことも可能なので、もう会わないで済むというのもひとつのメリットでしょう。

 

退職代行サービスを使うデメリット

次に退職代行サービスを使うデメリットを解説していきます。

デメリット

  • 退職するのに費用がかかる
  • イメージが良くない
  • 悪質な退職代行業者に依頼してしまう可能性がゼロではない
  • 会社に対して残業代の未払い金等の交渉は出来ない

1つずつ深掘りします。

 

退職するのに費用がかかる

本来、退職するのに費用は一切かかりませんが、退職代行業者に依頼することで約3〜5万円前後の費用が発生します。

 

イメージが良くない

退職代行は今までお世話になった会社に対して人任せで辞めるので、イメージが良くありません。

しかし「この先、同じ職場の人達に合うことなど気にならない!」と割り切れる人には退職代行サービスは向いています。

 

悪質な退職代行業者に依頼してしまう可能性がゼロではない

退職代行サービスは、サービスの内容によっては「弁護士ではないのに、弁護士にしかできない業務をやっている」という弁護士法違反の行為を行っている悪質な業者である可能性があります。

弁護士法資格を持たない業者が『退職届を代わりに提出する以外の法律事務』に該当する行為を行うことで、2年以下の懲役または300万円以下の罰金刑が適用されます(弁護士法77条)。

違法の場合、あなたも取り調べを受ける可能性がありますので、余計なトラブルを避けるためにも、違法行為が疑われる退職代行業者には依頼しない様にしなければなりません。

 

会社に対して残業代の未払い金等の交渉は出来ない

弁護士以外の退職代行業者を利用し、その業者が会社に対して有給休暇の消化について交渉したりする場合、それは違法行為である可能性があります。

そのため、場合によっては業者と会社でトラブルになり、あなたも巻き込まれるかも可能性があります。

 

出来るのであれば自分で退職の旨を伝えた方が良い。

退職代行サービスを利用するにあたってそれぞれのメリットやデメリットを解説してきましたが、トラブルに巻き込まれるリスクや退職後の人間関係などを考えると、自分で退職する旨を会社に伝えることが手っ取り早く退職できると思います。

自分で退職の意向を伝えれば、自分で思っているよりも案外簡単に受け入れてくれる事がほとんどであり、仮に難色つけられたとしても、毅然として退職の旨を伝えれば、不利益になる事は通常はありません。

自分で退職の旨を伝えれば、当然無料なので「めんどくさい」などの理由で利用する事ははっきり言ってお金の無駄と言えます。

次に紹介する様なケースでもない場合は、退職代行は次の手段でまずは自分自身で退職を伝えることをオススメします。

 

退職代行サービスはどんな人が利用したほうがいいの?

現状、退職代行サービスについては否定的な意見も多く、安易に利用して退職したことがバレると次の転職活動に悪影響が出る可能性もあります。

退職代行サービスを使う方がいい人は下記に当てはまる人です。

利用した方がいい人

  • 会社に退職を申し出ても拒否されてしまい、毅然とした対応もできない人
  • パワハラなどが横行しており、心理的に抑圧されてしまっている人
  • 出社するだけで具合が悪くなってしまう人

自分自身ではどうする事もできない場合は、1人で頑張って消耗するよりも退職代行サービスに相談してみる事をオススメします。

 

逆に下記に当てはまる理由で退職代行サービスの利用を検討している場合は利用をオススメしません。

利用しない方がいい人

  • 会社に退職の旨を伝えるのが気まずい
  • 引き継ぎなどが面倒だから代わりに退職まで決めてほしい

しっかりと自身の退職について明確に会社に伝えれば、円満退社出来ることがほとんどであり、会社側としても多くはトラブルを避けたいと考えているはずです。

なんとなく面倒だから、気まずいからという感覚でわざわざ退職代行サービスに数万円出して退職する必要はないと思われます。

また、面倒だからという理由で退職代行サービスを利用して安易に退職・転職を繰り返していくことで、自分の経歴に傷がついてしまうことにもなりかねません。

最低限のマナーと常識は維持しつつ、退職する方が後々のためかもしれませんね。

 

まとめ:自分の悩みにあった退職代行サービスを利用しよう

今回は退職代行サービスのメリット・デメリットとあなたにとって退職代行サービスが必要なのかどうかの見分け方について解説しました。

メリットやデメリットを把握しながらも、退職代行サービスの利用を検討しても良い人は下記に当てはまる人です。

利用した方がいい人

  • 会社に退職を申し出ても拒否されてしまい、毅然とした対応もできない人
  • パワハラなどが横行しており、心理的に抑圧されてしまっている人
  • 出社するだけで具合が悪くなってしまう人

1つでも当てはまっており、自分自身ではどうする事もできない場合は、1人で頑張って消耗するよりも退職代行サービスに相談してみる事をオススメします。

自分らしく仕事をして行ける場所は、どの人にも必ずあります。

今の職場で苦しい毎日を過ごすよりも、勇気を出して新たな一歩を踏み出す事で、明るい未来を手に入れるチャンスが得られます。

退職代行サービスを利用してあなたらしい未来を手に入れましょう。

それではまた!

 

スポンサーリンク

-リハビリ転職

Copyright© ゆうぶろぐ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.