作業療法士

作業療法士(リハビリ職)の給料が上がりにくい理由と給料を上げる方法を解説

 

作業療法士の給料って何で上がりにくいの?
具体的に給料を上げる方法が知りたい。

こんな悩みに答えます。

 

この記事はこんな方におすすめ

  • 作業療法士(リハビリ職)で働いていて給料を上げたいと思う人
  • 作業療法士の給料が上がりにくい理由を知りたい人

作業療法士として仕事をしていると、「毎年の昇給額が低くて給料が上がらない」「もっと給料を上げる方法を知りたい」と思うことがありませんか?

実は作業療法士だけでなくリハビリ職全体の給料が上がりにくい理由には、各病院の経営状況だけでなく、医療制度も大きく関係しているんです。

今回は作業療法士やその他リハビリ職の給料が上がりにくい理由と、そんな状況であるボクらが給料を上げるために取るべき行動について解説していきます。

ゆう
ボクは実際にこの記事で解説している行動をした事で年収を100万円程度は上げることに成功しました。

 

皆さんにもぜひお役に立つ情報となっていますので、最後まで読んでいただけると幸いです。

それではいきましょう!

 

スポンサーリンク

作業療法士の平均給料はどれぐらいなの?

作業療法士の平均年収は約471万円(平成28年度厚生労働省賃金統計調査調べ

一般的なサラリーマンの年収が約425万円(国税庁:企業規模別平均給与より)なので、作業療法士の給料は決して低い水準では無い事がわかります。

しかし、今後も作業療法士の給料は上がりにくく、一人暮らしのうちであればいいですが、将来結婚して子供が欲しい場合は夫婦の共働きは避けられません。

それだけでなく、老後も含めて将来安心できないなんて思いも生じてきます。

ゆう
昇給額が年間で1000円という職場もあります。
10年働いても年間で12万円程度しか増えないので絶望的ですね。

 

実は作業療法士の給料が上がりにくい理由は、様々な背景が関係しています。

 

スポンサーリンク

今後も作業療法士の給料が上がりにくい理由

はじめに、作業療法士の給料が今後も上がりにくい理由をまとめます。

  • リハビリ市場の需要と供給のバランスが崩れている
  • 保険制度の都合上、初任給が高い
  • 時間内に稼げる額が小さい
  • 専門性を見出しにくい

このような理由で作業療法士の給料が上がりにくい現状となっています。

1つずつ解説していきます。

 

リハビリ市場の需要と供給のバランスが崩れているから

わかりやすく言えば、「療法士が多すぎる」という事ですね。

作業療法士は毎年4000〜5000人増加しており、2018年の有資格者は94255人となっています。(他サイトより引用

これだけ作業療法士の数が増加傾向であると、セラピストの価値は低くなっていきます。

それと同時に給料を上げなくても供給がある状態となるため、給料が上がりにくくなる状態となるのです。

ただ、財源に対して療法士が飽和状態になっているだけであって、老人の割合に対して療法士が足りているのかは別の問題なんですけどね。

老人多いから療法士は増やすけど、お金はないから給料は減らすからねみたいな。笑

ゆう
キツイですね…。

 

保険制度の都合上、初任給が高いから

昇給の悪さが目立ちますが、実は他の社会人と比べると初任給が高いことが多いです。

実際ボクもそうでしたし、皆さんも同じだと思います。

この理由は単純で、経験年数にかかわらず客単価が変動しにくいからなんです。

現役で働いている方はご存知だと思いますが、リハビリには1日の単位数に上限があります。

そしてこの上限数は経験年数に関係なく一律です。

つまり、ベテランも新人も病院にもたらす利益に差がないので、単純に給料の差をつけることが難しいんですよ

もし、ベテランを優遇したいなら若いスタッフの売上をベテランに回すしかないわけですが、人材確保のために若いスタッフの給料を減らすわけにもいきませんからね。

このようにベテランを優遇したい反面、若いスタッフも確保しないといけない状況での折衷的選択が「初任給高いけど昇給がない」なんです。

これに関しては経験年数で単位or点数が変わる仕組みが出来ないと一生解決しなさそうです。

 

時間内に稼げる額が小さいから

医療従事者であれば誰もが知っていると思いますが、医療行為には点数がつきます。

リハの場合は1単位20分で疾患別に点数が振り分けられてますね。

実は医療従事者と呼ばれる職業で、単位数を行為ではなく時間で計算されるのはリハだけ。

これは給料構造を考える上でとても大きな問題点になります。

当たり前すぎて意外と気がついていない人が多いのですが、処置がないリハ職は時間で点数を計算されます。

例えば医師であれば切ったら○点、縫ったら○点など、一つの処置ごとに点数が支払われますよね。

これは医師の技術が高ければ処置速度が早まり、同じ1時間でも医師ごとに稼げる点数に差が出るため、医療技術にコスパが依存します。

しかしリハ職の場合は1単位20分で点数が算定されるので、コスパを療法士側のスキルで補うことができないんです。
簡単に言うと、必ず一定時間拘束されるので多くの人数を捌けないということです。

医師さんが1時間で点数を荒稼ぎしている間、ボクらは3単位分の点数しか稼げません。

ゆう
リハってコスパ悪いですよね。

このように療法士の売上は時間あたりのコスパが悪いので、必然的に病院側も還元できる金額が少なくなるわけです。

 

専門性を見出しにくいから

その他にも給料が上がりにくい理由としてあげられるのは「作業療法という専門性を見出しにくいから」という理由があります。

私たちは「作業療法士」という国家資格を持ち、日々働いていますが、その専門性はどのくらい周りに認知されているでしょうか?

「作業療法士ってどんな仕事をしているの?」
「作業療法士と理学療法士ってなにが違うの?」
「作業療法ってなに?患者さんにマッサージをするの?」

こんな風にリハビリの事を知らない人から言われたことはありませんか?

世間からしてみれば、作業療法士という仕事の専門性は理解が難しい分野です。

そのため、作業療法士という専門的な価値が見出しにくく、給料にも反映させにくい現状があります。

 

こんな状況じゃ給料なんてどうしようもできないよ・・・。
大丈夫ですよ。
次はこんな状況のボクらがどうやって給料を上げていけばいいのかを解説していきます。
ゆう

 

作業療法士の給料を上げる方法

 

一般のサラリーマンとして働いている作業療法士として給料を上げるには下記の4つを駆使して給料を上げていく必要があります。

  • 残業する
  • 昇進する
  • 転職する
  • 副業をする

残業をすることで給料を上げることは出来ますが、時間の切り売りとなってしまいプライベートがなくなってしまいますし、職場によっては残業が出来ないところもあります。

昇進して役職につくことで年収があがるメリットはありますが、それと同時に通常業務以外の仕事量が増えたり、業務責任が増えたりとデメリットもあります。
また役職に就くまでには数年から数十年間は同じ職場に勤めなければならないため、時間と運が必要です。

その中でも僕が実践してみて、特に給料を上げることに大きな効果があった行動は転職と副業でした。

 

給料を上げるオススメな方法①:転職をする

本気で給料を上げたいと感じているのであれば、転職が最大の近道です。

理由は今の職場で昇給を期待するよりも、元々の給料や福利厚生がいい職場に転職した方が手っ取り早く給料をあげる事ができるからです。

以前お世話になった職場では1年で5000円程度の昇給でしたが、転職活動を繰り返したことで、5年間で100万円程度の年収アップをする事ができました。

思い切って転職活動を始めてみましょう。

 

転職活動はノーリスクで始められる

転職活動するとなると、職場にバレたら働きづらくなっちゃうよ。
転職活動をすること自体は自分で話したりしない限りは職場にバレることも無いのでノーリスクで始めることができますよ。
ゆう

ひとつの職場だけ働いている人の場合は気づいていない人も多いですが、転職活動を始めてみると、今よりもあなたへいい給料出してくれる職場や高待遇の職場は思っている以上にたくさんあることに気付けると思います。

今よりも良い待遇が受けられる様々な病院や施設、事業所への転職を繰り返す事で今よりも更に年収を上げる事が可能となります。

また、転職をすることで自分自身の現状の市場価値が把握できるようになるので、自分の足りないスキルをより向上させる事ができるきっかけまで得られます。

ただし、実際に転職をする場合にはある程度は慎重になる必要があります。

何も考えずにとりあえずで行動をすると、働き始めてから実はブラック企業だったという可能性もあるため、やみくもに転職をする事はリスクがあります。

 

転職活動をするには転職サイト・エージェントを活用しよう

ブラック企業への転職するリスクを避けながら転職をするのであれば、転職サイトや転職エージェントを利用する事がおすすめです。

転職サイト・エージェントを利用するメリット

  • 高額案件を紹介してくれる
  • 非公開求人を紹介してくれる
  • 給料交渉を行ってくれる

転職サイト・エージェントを利用することで給料関連だけでも上記のようなメリットが得られます。

また、転職サイトや転職エージェントを活用することで仕事をしながらでも、職場にバレる事なく転職活動をすることができますよ。

ゆう
転職活動をすることがバレたく無いのであれば、間違っても、仲のいい先輩や同僚に相談するといったことは絶対にしないようにしましょう。

>>【理学療法士・作業療法士向け】おすすめの転職サイト・エージェント!賢く使う方法も解説

 

給料をあげるオススメな方法②:副業をする

給料を上げる方法としては、副業を始めることもおすすめです。

副業がOKな職場であれば、作業療法士が副業を始めることはメリットしかありませんよ。

もし副業がNGな職場であってもインターネットを活用したものなど副業バレ対策をすることでどんな人でも始める事が出来ますよ。

ボクが現在勤めている職場は副業禁止なので、副業バレ対策として自分で事業をもつスタイルで副業をしていますが、以前お世話になっていた職場は副業OKだったので訪問リハビリをしていました。

>>作業療法士【OT】副業禁止でもバレない方法を解説。(○○に気を付けれないとバレます)

 

作業療法士として働きながらできるオススメな副業

作業療法士で働きながらはじめやすい副業は下記のものがおすすめです。

作業療法士におすすめな副業

  • 訪問リハビリ
  • ブログアフィリエイト
  • クラウドソーシング
  • ハンドメイド販売 など

例えば、訪問リハビリであれば時給2000〜3000円程度の仕事は求人情報を探せば、ゴロゴロ見つかります。そういった職場で毎週末に半日程度働くだけで月3〜5万円程度の収入が得られますし、普段では触れない分野であればスキルアップも同時に出来てしまいます。

ハンドメイド作品を作るのが得意な人であれば、ココナラクリーマといったサイトを利用すればいつでも始められるだけでなく月に数千〜数万円の収入も目指せます。

もちろんすぐに収入を得る事は難しいですが、作業療法士として仕事をしながら、副業で月に5万、10万稼ぐ人も多くいます。

私の職場は副業OKだからまずは訪問リハビリで週末にちょこっとだけでも働いてみようかな。
リハビリ以外でも自分の得意なことや好きなこと、興味のあるもので収入が得られれば最高ですよね。
ゆう

どんなものでもいいので、まずは出来ることから始めてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ:作業療法士の給料を上げるには転職と副業がおすすめ

今回は、作業療法士の給料が上がりにくい理由と給料を上げる方法について解説をしました。

作業療法士の給料が上がりにくい理由は下記4つ。

  • リハビリ市場の需要と供給のバランスが崩れている
  • 保険制度の都合上、初任給が高い
  • 時間内に稼げる額が小さい
  • 専門性を見出しにくい

悲しい現実ですが、今後も給料が上がる見込みはあまり期待出来ないと思われます。

そんな作業療法士として働くボクらが給料を上げる方法は下記の4つとなります。

  • 残業をする
  • 昇進する
  • 転職をする
  • 副業をする

残業をすることで一時的には給料を上げられるかもしれませんが、長期的な視点で給料を上げたいのであれば、転職や副業にコミットした方が給料アップの恩恵を感じられると思います。

転職をする際には、転職サイトや転職エージェントを活用して忙しい仕事の合間を使って、良い職場の情報を手に入れましょう。

>>【理学療法士・作業療法士向け】おすすめの転職サイト・エージェント!賢く使う方法も解説

 

副業をする際には自分の職場が副業OKかどうかは一応確認しましょう。
NG職場でバレると本当にややこしいことになるので・・。

もし副業がNGな職場であればインターネットを活用したものなど副業バレ対策をすればどんな人でも副業は始める事が出来ますよ。

作業療法士で働きながらはじめやすい副業は下記のものがおすすめです。

作業療法士におすすめな副業

  • 訪問リハビリ
  • ブログアフィリエイト
  • クラウドソーシング
  • ハンドメイド販売 など

まずはどんなことでもいいので自分の得意なことや好きなこと、興味のあるものから始めてみましょう!

今よりも1万円でも収入が増えれば、毎月のおこづかいに当てたり、家族と美味しいご飯を食べに行ったりと生活の充実さが向上します。

ゆう
転職や副業は、はじめは勇気がいるかもしれませんが、行動する事で未来は変えられます。

最後に転職や副業の考え方について、ボク自身の考え方が変わるきっかけがもらえたオススメの参考書籍を紹介します。
この記事を読んで転職や副業を興味を出てきた人は参考になると思うのでぜひ読んでみてください。

 

以上、参考になればうれしいです。

それでは!

スポンサーリンク

-作業療法士

Copyright© 作業療法士+αな情報を発信するブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.