作業療法士

作業療法士が副業するべき理由は?メリットとデメリットを解説。

 

作業療法士が副業するべき理由が知りたい。
副業のデメリットや副業をする際の注意点を教えて。

こんな質問に答えます。

 

この記事はこんな方におすすめ

  • 副業をしたいけど、どうすればいいのか迷っている人。
  • 副業をする際のメリットやデメリットが知りたい人。

 

 

収入増やしたいから、副業したいけどバレたら大変だしな・・。

こう思って副業にチャレンジできていない人も多いのではないでしょうか?

 

一昔前は作業療法士として働いていて、副業をしていると厳しい処分が科せられることがありました。

リハビリ業界では、まだ副業禁止としている所もたくさんありますが、近年では作業療法士として働く以外にも副業をすることが許可されてきつつあります。

引用:PT-OT-ST.NET

PT-OT-ST.NETのアンケートでは、約7割の病院や施設で副業を許可しているという結果も見られます。

ゆう
世間的にも環境は徐々に変化してきており、副業を始めるタイミングともいえます。
それでもなんか副業って難しそうだしな・・。
ゆう
副業をするメリットもたくさんあるし、作業療法士は副業に向いている職業なのでオススメですよ。

 

結論から述べると、作業療法士は副業をするべきです。

 

今回はこれから副業をしようか迷っている人に向けて、作業療法士が副業をするべき理由と副業を始める際の注意点について解説していきます。

これから副業を始めたいと思っている人の参考になる内容となっているので、最後まで読んでみて下さい。

 

本記事の信頼性

  • 県外の専門学校に卒業。
  • 2010.4月に作業療法士免許取得。
  • 回復期病院、急性期総合病院、訪問・通所リハビリ、介護老人保健施設、クリニックでの業務を経験あり。院外での講師活動や学術活動にも取り組む。
  • 現在は作業療法士をしながらブログを書いています。

 

 

スポンサーリンク

作業療法士が副業をするべき理由は?

理由は以下の4つです。

  • 年収が低くて、今後も上がる見込みが期待できない。
  • 作業療法士と副業との相性がいい。
  • 作業療法士のスキルを高める事ができる。
  • 作業療法士以外の仕事も考える事ができる。

解説していきます。

 

年収が低くて、今後も上がる見込みが期待できない

作業療法士の平均年収は410万円程度です。

引用:キャリアガーデン

独身世帯であればそこそこの生活は送れるのですが、結婚して子供を持つと共働きは必須といえます。

経験に応じた給料アップも大きくは期待できません。

引用:キャリアガーデン

40代の働き盛りの年齢になっても年収は平均500万円台に届いておらず、給料の上昇幅がかなり小さいことがわかります。

ゆう
僕が以前勤めていた民間病院では10年経っても給料が変わらない人がいました。

本業で頑張ってもなかなか給与が増えないので、副業で収入を増やす事は今後も作業療法士として仕事をしていくのであれば、外せない視点といえます。

 

作業療法士と副業との相性がいい

作業療法士と副業の相性はとてもいいです。

理由は3つあります。

  • 専門職であること
  • 残業が少ない
  • 年間の休日数が多い

副業は専門性に特化している人や特殊なスキルを持っている人が有利です。

作業療法士は国家資格を持ち、身体や病気のこと、リハビリのことなどを専門に扱えるスキルがあります。

これは副業をする上でとても有利なポイントです。

また、残業時間が少ない仕事であり、年間の休日数も多いため、自分の時間を作りやすい環境で働けます。

つまり、自分自身の時間を副業に充てることが可能な仕事といえます。

 

作業療法士のスキルを高める事ができる。

副業をするようになる事で、今関わっている仕事以外の視点を学ぶことが可能になります。

作業療法士の仕事は幅広い分野があり、自身が関わっている環境はその分野の一部に過ぎません。

しかし、副業で多くの分野に触れることが出来れば、今以上に多くの視点を知ることができます。

多面的な視点でのリハビリが展開できる様になれば、今以上に作業療法士として活躍することもできます。

今のスキルだけではなんか物足りないという人こそ、副業がオススメです。

 

作業療法士以外の仕事も考える事ができる

副業で様々な仕事にチャレンジすると、場合によっては作業療法士以外の仕事で働いていくことも出来てしまいます。

作業療法士の人ではないですが、今はYouTuberとして大活躍している『オガトレ(@ogaryu___)』さんは、もともとは理学療法士として働いていた人です。

自分の好きな事を副業として始める事で、本業をしなくても生活が成り立ってしまえば、いつでも好きな時に本業を辞めることさえ出来てしまいます。

仕事をしていて充実感が無い、今の仕事を辞めたいと思うのであれば、副業にチャレンジしてみるのもありです。

 

スポンサーリンク

作業療法士が副業をするデメリット

作業療法士が副業をするデメリットは以下の2つです。

  • バレた時のリスクがある
  • 遊ぶ時間や飲みに行く時間が減る

1つずつ解説していきます。

 

バレた時のリスクがある

企業の就業規則に副業禁止が明記されている職場では、副業をすることは禁止です。

バレなければ大丈夫と思って副業をして、万が一の時には減給や自宅謹慎、最悪は解雇となるケースもあります。

副業をするために本業を失ってしまったら本末転倒です。

最近は副業OKとしている職場も多くなっているため、副業にチャレンジしたい時には、副業OKの職場に転職するか、職場から許可をもらうかして副業をしましょう。

どうしてもバレない様に副業をしたい人は下記の記事で副業禁止職場でもバレない方法を解説しています。

参考にどうぞ。

>>作業療法士【OT】副業禁止でもバレない方法を解説。(○○に気を付けれないとバレます)

 

遊ぶ時間や飲みに行く時間が減る

副業を始めると休日や隙間時間に仕事をする様になるため、遊ぶ時間や友人や職場の人と飲みに行く時間が減ります。

これは人によるところですが、デメリットに感じない人のであれば、副業を始める事をオススメします。

僕は副業を始めたことで、遊ぶ時間が減ったので浪費削減にもなったため、メリットに感じています。

 

作業療法士にオススメの副業

ここからは作業療法士にオススメの副業を紹介していきます。

オススメの副業

  • 非常勤での副業
  • ネットを使った副業
  • 作業療法士のスキルを活かしたサービス提供

1つずつ解説していきます。

 

非常勤での副業

本業の休日を活かして非常勤での仕事をする方法です。

作業療法士の資格があれば、どの分野でも働くことが出来ます。

訪問リハビリであれば時給1500〜3000円程度が稼げるので、毎月1日だけ半日程度で働いても年で14万円以上の年収アップが狙えます。

ただし、非常勤での副業バレるリスクが高いので必ず職場からの許可を得てから始めましょう。

 

ネットでの副業

どうしてもバレずに副業したい人にはがネットでの副業がオススメです。

バレずに済むだけでなく、続ける事で大きく収入アップを狙えます。

ネット副業では下記が特にオススメ

  • クラウドソーシング(webライティングや動画編集など)
  • ブログアフィリエイト
  • YouTube

非常勤の副業とは違って、家で空いた時間を活かして始める事が出来るので、休日をしっかりと取った上で働くことが出来ます。

隙間時間で働けるので肉体的にも楽ですね。

クラウドソーシングは登録さえすれば、始めてすぐに収入を得ることができます。

オススメは『クラウドワークス』が最大手で完全無料で始めることができます。

ブログアフィリエイトやYouTubeは収益を得るまでには時間がかかるのですが、のんびりコツコツ副業したい人にはオススメです。

ブログの始め方は下記で解説しているので、参考にどうぞ。

>>WordPressでブログを始める方法【ConoHa WINGなら10分で出来ます】

 

作業療法士のスキルを活かしたサービス提供

作業療法士として働いたことで得られたスキルを活かしたサービスを作って販売する方法もオススメです。

ココナラ』であれば、オリジナルのサービスを作って販売することができます。

例えば、身体の痛みの原因を評価して改善法をコンサルしたり、ハンドメイド作品を作るなど、幅広いオリジナルサービスが提供できるので、仕事で得たスキルを活かしたものや自分の好きな事や得意なことで収入を得られます。

>>ココナラ公式サイトへ

副業をする際の注意点

副業をする時には注意点があります。

  • 公務員は原則副業禁止
  • 副業は目的ではなく手段であること

1つずつ解説していきます。

公務員は原則副業禁止

副業禁止の職場で隠れて副業をした時には、バレた時に謹慎や減給、最悪は解雇という事になりかねません。

特に公務員の場合は就業規定ではなく、地方公務員法にて副業禁止が明記されています。

職員は、任命権者の許可を受けなければ、商業、工業又は金融業その他営利を目的とする私企業(以下この項及び次条第一項において「営利企業」という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない。ただし、非常勤職員(短時間勤務の職を占める職員及び第二十二条の二第一項第二号に掲げる職員を除く。)については、この限りでない。
引用:地方公務員法-e-Gov法令検索

公務員の場合は一部の不動産投資や資産運用(投資信託など)であれば、副業として行えます。

 

副業は目的ではなく手段であること

副業をする場合は、目的を見失わないようにしましょう。

副業で収入を得て、何をしたいのか?何の為に副業が必要なのか?を明確にする事が重要です。

家族との生活をもっと充実させる為の副業であれば、家族時間を削ってまで作業をしてしまうと、そもそもの家族関係がおかしくなってしまいます。

何の為に副業をしたいのかを明確して副業をしましょう。

 

まとめ

作業療法士が副業をする理由と、副業をするメリットやデメリットを解説しました。

作業療法士は副業をすることで、収入が増えるだけでなく、今は無いスキルが得られたりとメリットがたくさんあります。

自分自身の可能性を広げる為にも、ぜひ副業にチャレンジしてみて下さい。

ただし、就業規則で副業が禁止となっている職場では、バレた時のリスクがあるため、自己責任であることを考えて始めましょう。

ちょっと隙間時間を使って副業始めてみようかな。
ゆう
楽に稼げる仕事はないですが、隙間時間や休日を使うことで収入を増やしていけるので、一緒にがんばりましょう!

以上になります。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

作業療法士【OT】副業禁止でもバレない方法を解説。(○○に気を付けれないとバレます)

スポンサーリンク

-作業療法士

Copyright© ゆうぶろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.