リハビリ転職

失敗しない退職代行サービスの選び方【ベストなサービスの見つけ方がわかります】

 

自分にあう退職代行サービスが分からない。
退職代行サービスの選び方を教えて欲しい。

こんな悩みを解決します。

本記事の内容

  • 退職代行サービスの種類について
  • 自分に合った退職代行サービスが分かる

退職代行サービスはまだ新しいサービスなので聞き慣れない人もいると思いますが、退職代行サービスは安全に利用出来るサービスです。

実は、一口に退職代行サービスといっても様々な種類があることは知っていますか?

自分に合うサービスが分からない状態で利用をすると、余計な費用を払った上に十分なサービスが受けられないという事になりかねません。

この記事を読み終える頃には今のあなたにはどんな退職代行サービス適しているのかが分かるようになれますよ。

ぜひ最後まで読んでみて下さい。

 

スポンサーリンク

退職代行サービスの種類

退職代行サービスは以下の3種類に分かれます。

  • 企業が提供する退職代行サービス
  • 弁護士事務所が提供する退職代行サービス
  • 労働組合が提供する退職代行サービス

それぞれの違いを表にまとめると以下の通りです。

各サービス内容 企業 弁護士 労働組合
会社への退職連絡
退職届の作成 ✖️ ✖️
退職手続きサポート
退職条件希望告知
会社間交渉 ✖️
損害賠償対応 ✖️ ✖️
依頼費用の相場 ✖️
利用特典 ✖️

これだけでは少しわかりづらいと思いますので、各項目について1つずつ解説していきます。

 

会社への退職連絡の違い

「企業」、「弁護士」、「労働組合」共に、退職者の代理として会社に「退職」の意向を伝えてもらえます。

この点においてはどのサービスも同じです。

 

退職届の作成の違い

退職届などの公的書類の代理は弁護士資格を有した「弁護士」のみが許されています。弁護士以外の人が行うと非弁行為にあたる為、「企業」、「労働組合」による退職代行サービスを利用した場合は自分で退職届を作成する必要があります。

しかし、「企業」や「労働組合」による退職代行サービスの多くの場合は退職届のテンプレートを用意してくれているため、手順通りにすれば簡単に作成できます。

ここも大きな差ではないといえます。

非弁行為とは?

弁護士法資格を持たない業者が『退職届などの公的書類を作成するといった法律事務、未払い給与や残業代、退職金について会社に交渉するに該当する行為、会社に対して退職日について交渉する』などの行為を行った場合、2年以下の懲役または300万円以下の罰金刑が適用されます(弁護士法77条)。

 

退職手続きサポートの違い

退職者にどんな手続きが必要で年金や雇用保険など退職に伴う手続きのサポートはどの退職代行サービスでも受けることが可能です。

ただ、退職届と同様に本人に変わって作業をすることは「弁護士」のみが許されている為、「企業」「労働組合」による退職代行サービスの場合はサポートやアドバイスに留まり、会社に書類を郵送したり、会社から送られてくる退職に関する書類対応は自分で行う必要があります。

 

退職条件希望告知の違い

「企業」「弁護士」「労働組合」共に、退職者の代わりに退職日、有給休暇の消化、退職金などの退職条件を会社に希望として伝えてくれます。

もちろん、会社への強制力は無いので場合によっては会社側に拒否されることもあります。

 

会社間交渉の違い

上記の退職条件希望を伝えた際に、受け入れられずに拒否もしくは調整が必要になった場合は会社間との交渉が必要になります。

その場合には「企業」の退職代行サービスの場合は弁護士法の非弁行為にあたる為、交渉を行う事はできません。

弁護士資格を有する「弁護士」であれば弁護士法に基づいて会社間との交渉が可能で、「労働組合」の退職代行サービスの場合にも日本国憲法第28条及び労働組合法によって保障されているので、会社間との交渉において非弁行為になる事はありません。

 

損害賠償対応の違い

非常にレアなケースですが、退職に伴い会社に損害が発生して損害賠償を請求される場合があります。

この場合は法廷で争う必要が出てくるため、「弁護士」でしか対応は出来ません。

もしも、「企業」「労働組合」による退職代行サービスを利用していた際に、損害賠償請求をされた場合には裁判の対応は出来ないので、改めて「弁護士」にその対応を依頼する必要があります。

 

依頼費用の相場の違い

「企業」や「労働組合」において正社員やアルバイトの場合は3〜5万円が相場となります。

ゆう
1万円台でも引き受けてくれる企業もありますが、内容がスカスカでリスクが高い為、相場の範囲内で探す事をオススメします。

「弁護士」に相談する場合は手付金として2万~5万円を支払い、あとは成功報酬で合意した条件に合わせて手数料を支払う形態(例:退職金が支払われたらその10%等)も多く、一般的には「企業(会社)」「労働組合」の退職代行サービスと比べて費用が割高になる傾向があります。

 

利用特典の違い

「企業」や「労働組合」提供のサービスの場合は、退職の転職サポートが無料で受けられる特典があります。

「弁護士事務所」の場合は退職は出来ますが、その他のサポートなど特典を受ける事は出来ません。

 

スポンサーリンク

どの退職代行サービスが1番いいの?

結論から言うと、その人が「何を代行して欲しいのか」によります。

「企業」「弁護士事務所」「労働組合」のどれでも運営実績がしっかりとした悪徳業務ではないサービスがある為、安心して利用できるものはあります。

「お金が掛かっても問題ないから早く辞めたい」という人は、弁護士事務所運営の退職代行サービスであれば全ての対応をしてもらえますが、退職するだけに数万〜数十万円を払わなければならないため、なかなか厳しいですよね。

自分自身の悩みがわかれば、余計な費用を抑えてサービスを利用することができます。

 

自分に合った退職代行サービスの見分け方

「あなたの悩みにあったサービスを選択しましょう」と言われても、どんな人が当てはまるのか具体的にわかりづらいものですよね。

それぞれのサービスにあう人の特徴を項目にまとめてみたので、参考にしてみてください。

 

企業のサービスがオススメな人

企業のサービスがオススメな人の特徴は下記になります。

  • とにかく安く退職代行サービスを利用したい
  • 有給消化は伝えるだけでOKな人
  • 残業代や慰謝料の請求はしない人
  • 転職サポートをしてほしい人

会社への交渉や請求を希望していない人の場合は、企業の退職代行サービスでも問題ない事が多いです。

また料金重視の人や退職代行以外のサポートを希望する人にも企業を推奨します。

 

企業系が提供するオススメな退職代行サービスは「退職代行EXIT」です。

「退職代行EXIT」は、退職代行サービスの最大手とも言える業者です。

アルバイトの退職代行は30,000円、正社員は50,000円で手続きを行うほか、メディア掲載実績も業界No.1であり、LINEでの相談や、スグに辞められる「即日対応」も人気の秘密です。

退職代行を利用後に転職サポートを併用すると、利用料金が実質0円となるサービスまで展開しています。

>>退職代行EXIT公式サイトへ

 

弁護士事務所のサービスがオススメな人

弁護士事務所のサービスがオススメな人の特徴は下記になります。

  • お金がかかってもいいから確実に退職したい人
  • 残業代や未払い給料の交渉をしてほしい人
  • 有給休暇消化の交渉をしてほしい人
  • 労災認定や慰謝料請求をしてほしい人
  • 損害賠償対応をしてほしい人

金銭請求や交渉をしてほしい人は、弁護士事務所の退職代行サービスを選びましょう。

また損害賠償請求などのトラブルの回避や確実な退職などの安心感を求める場合も弁護士事務所の退職代行サービスがよいですね。

 

弁護士事務所が提供するオススメの退職代行サービスは、「弁護士法人みやび」がオススメです。

「弁護士法人みやび」は「24時間」メールでの受付と(質問への)回答を実施。LINEでも相談ができるとあって「20代〜30代」の利用者が多い弁護士事務所です。

気になる退職代行の費用は54,000円(税込)で、オプションなどの追加依頼、成功報酬型の依頼や損害賠償請求にも対応しています。

>>弁護士法人みやび公式サイトへ

 

労働組合のサービスがオススメな人

労働組合のサービスがオススメな人は下記になります。

  • 料金は安く退職代行サービスを利用したい人
  • 損害賠償対応以外の金銭や有給消化等の交渉をしてほしい人
  • 転職サポートをしてほしい人

出来るだけ安く退職代行サービスを使用したいけど、会社との交渉や転職サポートもしてほしいという人は労働組合の退職代行サービスが良いでしょう。

訴訟問題にまで発展していなければ、弁護士事務所よりも低料金でほぼ全てのサポートが受けられます。

 

労働組合が提供するオススメな退職代行サービスは「退職代行Jobs」です。

退職代行Jobsはセラピスト弁護士が退職代行を監修しているため人気があります。

あえて弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現しています。

弁護士監修で退職代行費用が29,800円で利用できるので、破格の「安さ」が自慢です。

>>退職代行Jobs公式サイトへ

 

スポンサーリンク

まとめ:自分の悩みが何かを考えてみてから退職代行サービスを利用しよう。

今回は退職代行サービスの選び方について解説しました。

退職代行サービスは大きく分けると、企業、弁護士、労働組合が運営するものの3種類となります。

それぞれの各サービスにあう特徴は以下になります。

 

企業のサービスがオススメな人

  • とにかく安く退職代行サービスを利用したい
  • 有給消化は伝えるだけでOKな人
  • 残業代や慰謝料の請求はしない人
  • 転職サポートをしてほしい人

会社への交渉や請求をしない人は、企業の退職代行サービスでも問題ない事が多いです。

また料金重視の人や退職代行以外のサポートを希望する人にも企業を推奨します。

企業系が提供するオススメな退職代行サービス >>退職代行EXIT公式サイトへ


弁護士事務所のサービスがオススメな人

  • お金がかかってもいいから確実に退職したい人
  • 残業代や未払い給料の交渉をしてほしい人
  • 有給休暇消化の交渉をしてほしい人
  • 労災認定や慰謝料請求をしてほしい人
  • 損害賠償対応をしてほしい人

金銭請求や交渉をしてほしい人は、弁護士事務所の退職代行サービスを選びましょう。

また損害賠償請求などのトラブルの回避や確実な退職などの安心感を求める場合も弁護士事務所の退職代行サービスがよいですね。

弁護士事務所が提供するオススメな退職代行サービス  >>弁護士法人みやび公式サイトへ


労働組合のサービスがオススメな人

  • 料金は安く退職代行サービスを利用したい人
  • 損害賠償対応以外の金銭や有給消化等の交渉をしてほしい人
  • 転職サポートをしてほしい人

出来るだけ安く退職代行サービスを使用したいけど、会社との交渉や転職サポートもしてほしいという人は労働組合の退職代行サービスが良いでしょう。

訴訟問題にまで発展していなければ、弁護士事務所よりも低料金でほぼ全てのサポートが受けられます。

労働組合が提供するオススメな退職代行サービス >>退職代行Jobs公式サイトへ

 

 

選び方のポイントとしてはあなた自身が何をサポートして欲しいかを良く分析した上で利用する事で、間違ったサービスを選択せずに済みます。

ゆう
不安だからといって不要な費用を払ってしまうのはもったいないのでしっかりと分析しましょう。

以上、参考にして頂けると嬉しいです。

それでは!

スポンサーリンク

-リハビリ転職

Copyright© 作業療法士+αな情報を発信するブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.