ブログ

【初めてでも簡単に出来る】ブログにTwitterを埋め込む方法

 

ブログにTwitterを表示させたいけど、どうやるの?
記事にインフルエンサーのツイートを表示させる方法が知りたい。

 

こういった疑問が解決します。

 

本記事の内容

☑️特定のツイートを埋め込む方法がわかる
☑️タイムラインを埋め込む方法がわかる
☑️フォローボタンを付ける方法がわかる

本記事を読むと、⬇️の様なTwitterを記事に挿入したり、トップ画面にタイムラインを表示させたりできる様になります。

本記事は3分ほどでサクッと読めるので、サクッと覚えて使いこなしちゃいましょう。

注意点

記事の内容は全てPCでしか出来ません。スマホで設定出来ないので気をつけて下さい。

やり方はとても簡単で、覚えればあっという間に使いこなせるので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。
ゆう

 

スポンサーリンク

記事に特定のツイートを埋め込む方法

まずは記事内に表示する方法を解説していきます。

⬇️完成すると、この様に表示されます。

記事にツイートを挿入する事で自分では出来ないインフルエンサーの権威性を借りて記事の内容を解説する事が可能になります。

これを知っているだけでも、とても便利です。

手順

  1. Twitterにログイン
  2. 埋め込みたいツイートの右上にある矢印をクリック
  3. ツイートを埋め込むをクリック
  4. 表示されたコードをコピー
  5. ブログの記事を書く画面テキストにコードを貼り付け

 

初めは難しく感じるかもしれませんが、慣れると簡単です。
ゆう

 

スポンサーリンク

タイムラインをブログに埋め込む方法

次はブログのトップページにTwitterのタイムラインを表示させる方法を解説していきます。

⬇️完成するとブログのトップページにこの様に表示できます。

タイムラインをブログに埋め込みたい場面は、「新しくブログを作った時」や「ブログの見た目を変えるとき」ぐらいしか無いので、とても忘れやすい作業なんです。

手順

  1. タイムライン埋め込み用のページを開く(https://publish.twitter.com/#
  2. アカウントを入力して進む
  3. タイムライン(左側のEmbedded Timeline)を選択
  4. 『Copy Code』ボタンの上に青字の『set customization options.』をクリック
  5. 長さや横幅のサイズを調節
  6. 『update』をクリック
  7. 表示されたタグをコピーするために『Copy Code』ボタンをクリック
  8. WordPressのウィジェットでフッター右用ウィジェット2列目(お好みでOK)にカスタムHTMLのウィジェットを追加
  9. テキストの部分にコピーしたコードを貼り付ける

注意ポイント

プラグインの「Site Guard」を使用している場合は、追加したカスタムHTMLのウィジェットにコードをコピーして保存する際にずっと読み込まれない事があります。

その際にはWAFの機能をサーバーからOffにしてから設定をして下さい。

当ブログは500X500のサイズで設定しています。自分の好みのサイズに設定して下さい。
ゆう

フォローボタンを追加する

Twitterタイムラインの最上部へフォローボタンを表示する様に設定していきます。

手順

  1. タイムライン埋め込み用のページを開く(https://publish.twitter.com/#
  2. アカウントを入力して進む
  3. Twitterボタン(左側のFollow Buttons)を選択
  4. 表示されたタグをコピーするために『Copy Code』ボタンをクリック
  5. ウィジェットでTwitterのタイムラインを貼り付けた所にカスタムHTMLのウィジェットを追加してコードを貼り付ける(タイムラインの上にウィジェットをセットすると見た目がいいです。)
お疲れ様です。これで完成です。
ゆう

これでブログからもフォロワーを増やす事が出来る様になるので、よりTwitterが楽しめる様になります。

以上になります。

それでは!

 

スポンサーリンク

-ブログ

Copyright© ゆうぶろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.